相模原市の司法書士事務所、相続登記と会社設立の相模原相談室では、不動産の名義変更(相続、贈与等)、会社の設立登記手続き等のご相談をお受けしています。

〒252-0303 神奈川県相模原市南区相模大野3-13-15 第3タカビル3階
小田急線「相模大野駅」北口より徒歩3分

相談料無料!お気軽にご相談を

042-702-9120

営業日

土日も営業しております

遺言の種類についてご紹介しています。

遺言の種類について

遺言の方式には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があります。そのうち、現在利用されている遺言のほとんどが自筆証書遺言と公正証書遺言です。

自筆証書遺言と公正証書遺言の比較
 

自筆証書遺言

公正証書遺言

作成手続き

簡単

面倒

証人・立会人

不要

2名以上

署名・押印

本人のみ必要

本人・証人・公証人すべて必要

印鑑

実印・認印・拇印いずれでも可

本人・証人とも実印

遺言書の保管

本人

公証役場 (原本)・本人 (正本)

家庭裁判所の検認※

必要

不要

メリット

  1. 遺言の内容を秘密にできる
  2. 費用が少なくてすむ
  1. 遺言の存在が明確になる
  2. 様式不備・内容不明等により無効になるおそれがない
  3. 紛失・隠匿・破棄・改ざん・偽造・変造の可能性がない

デメリット

  1. 遺言の存在が不明になる可能性がある
  2. 本人保管のため、紛失・隠匿・破棄・改ざん・偽造・変造の可能性がある
  3. 様式不備・内容不明等により無効になる可能性がある
  1. 遺言したこと、遺言内容が他人(証人等)に知られる
  2. 公証人対する費用が発生するため費用が多くかかる

※家庭裁判所の検認とは、家庭裁判所が遺言書の形式・状態を調査、確認する手続きです。検認は、遺言者の遺言であることを確認し、証拠として保全することを目的とする手続きであって、遺言書の有効無効を判断するものではありません。

(重要)
遺言書の検認を受けないで勝手に遺言の内容を実行したり、封印のある遺言書を開封したりすると5万円以下の過料に処せられます。ご注意ください。

遺言書の検認の申立ては、遺言者の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に行います。

  • 費用について
    遺言書1通につき収入印紙800円、その他連絡用の郵便切手が必要となります。(管轄家庭裁判所へ確認してください。)
  • 必要書類について
    申立書
    申立人、相続人全員の戸籍謄本

    遺言者の出生から死亡までの戸籍(除籍、改製原戸籍)
    遺言書の写し(遺言書が開封されている場合)
  • その他
    遺言書の検認の申立てから約1ヶ月後、日時が通知されます。

ご質問・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お気軽にご相談ください

042-702-9120

電話受付時間
平日8:30~20:00/土日8:30~17:00

メールは毎日24時間受け付けております。

当司法書士事務所の業務対応地域は下記の通りです

<神奈川県>
相模原市、座間市、大和市、海老名市、その他神奈川県全域

<東京都>
町田市、八王子市、多摩市その他東京都内全域
小田急線沿線各地域(相模大野、東林間、中央林間、鶴間、大和、小田急相模原、
相武台、座間、海老名、町田、玉川学園等)

横浜線沿線各地域(町田、古淵、淵野辺、矢部、相模原、成瀬、長津田、十日市場、
中山等)

※なお、不動産の名義変更等ご依頼の内容により全国対応もできますので、
まずはお気軽にご相談ください。

お問合せフォームはこちら

出張無料相談

海老名市、座間市、大和市、町田市、相模原市在住の方へ

相続登記と会社設立の相模原相談室では、下記の地域在住の方を対象に出張無料相談を行っております。諸事情により、当事務所までお越しいただくのが困難な方等お気軽にご利用ください。

詳しくはこちら

事務所紹介

相模原の司法書士 司法書士いずもと総合事務所

代表者名:泉元 周一

住所

〒252-0303
神奈川県相模原市
南区相模大野3-13-15
第3タカビル3階

電話受付時間

平日:8:30~20:00
土日:8:30~17:00
土日も営業しております。

メールは毎日24時間受け付けております。

ご連絡先はこちら

042-702-9120

042-702-9196

izumoto@cap.ocn.ne.jp

事務所紹介はこちら

お問合せフォームはこちら

トピックス

手数料の改定

登記事項証明書の交付を請求する場合の手数料が改定されます。
改訂前700円→改訂後600円 (平成25年4月1日より)

所有権移転登記の際の登録免許税

土地の売買による所有権移転登記の際の登録免許税は現在特例措置により、通常税率1000分のの20のところ、1000分の15とされています。
※法改正により変更となる場合があります。

当事務所のブログも
ご覧ください

当事務所は、環境省「チャレンジ25キャンペーン」に参加しています。