相模原市の司法書士事務所、相続登記と会社設立の相模原相談室では、不動産の名義変更(相続、贈与等)、会社の設立登記手続き等のご相談をお受けしています。

〒252-0303 神奈川県相模原市南区相模大野3-13-15 第3タカビル3階
小田急線「相模大野駅」北口より徒歩3分

相談料無料!お気軽にご相談を

042-702-9120

営業日

土日も営業しております

相模原の司法書士「会社設立相模原相談室」

会社設立をご検討の方へ

会社設立について

新会社法、商法で定められた会社には、株式会社、合同会社(LLC)、合名会社、合資会社の種類があります。その設立趣旨等によって、選択することになりますが、多くの方は株式会社を選択されています。

なぜなら、新会社法の施行により、資本金、役員の数が緩和されたため、容易に株式会社を設立することが可能となったためです。以下が各会社の主な特徴になります。

株式会社
  • 株主の責任が有限責任
  • 会社の所有(株主)と経営(取締役等)が分離

株式会社とは出資者である株主が、会社債権者に対し出資額を限度にのみ責任を負うという特徴を持つ会社です。

また、株式という制度により、広く資金を集めることができるという特徴もあります。また、会社法の施行により、資本金制度の撤廃や役員の人数が一人でも良くなったことで、以前に比べるとかなり設立しやすくなりました。

株式会社設立手続きの流れはこちら

合同会社
  • 有限責任社員のみで構成
  • 定款自治が徹底

合同会社は、出資額を限度に責任を負う有限責任社員のみで構成される会社です。合同会社の大きな特徴は、定款自治が徹底されていることです。

出資者は全員の一致で経営方針を決め、組織を運営してくいことができます。つまり出資の割合が異なる二人がいたとしても、その配当比率を1対1にしたり、議決権比率も1対1にすることを定款に定めることにより、出資の多い人の立場が強くなることを防ぐことができます。これは、技術を持っている人に、他の一人が出資して合同会社を作る時などに有効です。

合同会社設立手続きの流れはこちら

合名会社
  • 無限責任社員のみで構成
  • 会社の所有と経営が分離していない。

合名会社は、上記の会社とは異なり、会社債権者に対して直接連帯して責任を負う無限責任社員のみで構成される会社です。社員全員がそれぞれ社長のような地位で経営に参加していきます。

合資会社
  • 無限責任社員と有限責任社員で構成

合資会社とは、有限責任社員と無限責任社員が集まって構成される会社です。

ご質問・お見積り等お気軽にお問い合わせください。

会社設立登記 業務対応地域

相模原市、座間市、大和市、海老名市、横浜市その他神奈川県全域
町田市、八王子市、その他東京都内全域
小田急線沿線(相模大野、東林間、中央林間、鶴間、大和、小田急相模原、相武台、座間、海老名、町田、玉川学園等)
横浜線沿線(町田、古淵、淵野辺、矢部、相模原、成瀬、長津田、十日市場、中山等)

なお、ご依頼の内容により全国対応もできますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご質問・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お気軽にご相談ください

042-702-9120

電話受付時間
平日8:30~20:00/土日8:30~17:00

メールは毎日24時間受け付けております。

当司法書士事務所の業務対応地域は下記の通りです

<神奈川県>
相模原市、座間市、大和市、海老名市、その他神奈川県全域

<東京都>
町田市、八王子市、多摩市その他東京都内全域
小田急線沿線各地域(相模大野、東林間、中央林間、鶴間、大和、小田急相模原、
相武台、座間、海老名、町田、玉川学園等)

横浜線沿線各地域(町田、古淵、淵野辺、矢部、相模原、成瀬、長津田、十日市場、
中山等)

※なお、不動産の名義変更等ご依頼の内容により全国対応もできますので、
まずはお気軽にご相談ください。

お問合せフォームはこちら

出張無料相談

海老名市、座間市、大和市、町田市、相模原市在住の方へ

相続登記と会社設立の相模原相談室では、下記の地域在住の方を対象に出張無料相談を行っております。諸事情により、当事務所までお越しいただくのが困難な方等お気軽にご利用ください。

詳しくはこちら

事務所紹介

相模原の司法書士 司法書士いずもと総合事務所

代表者名:泉元 周一

住所

〒252-0303
神奈川県相模原市
南区相模大野3-13-15
第3タカビル3階

電話受付時間

平日:8:30~20:00
土日:8:30~17:00
土日も営業しております。

メールは毎日24時間受け付けております。

ご連絡先はこちら

042-702-9120

042-702-9196

izumoto@cap.ocn.ne.jp

事務所紹介はこちら

お問合せフォームはこちら

トピックス

手数料の改定

登記事項証明書の交付を請求する場合の手数料が改定されます。
改訂前700円→改訂後600円 (平成25年4月1日より)

所有権移転登記の際の登録免許税

土地の売買による所有権移転登記の際の登録免許税は現在特例措置により、通常税率1000分のの20のところ、1000分の15とされています。
※法改正により変更となる場合があります。

当事務所のブログも
ご覧ください

当事務所は、環境省「チャレンジ25キャンペーン」に参加しています。